Loading...

プロペシアAGA治療の為の飲み薬として、現在多くの人に活用されているのがプロペシアです。
以前は育毛や発毛治療というとても困難なものでしたが、今ではこの治療薬の誕生のおかげでそれもぐんと簡単なものになりました。
脱毛を改善するには植毛やカツラを使うなどさまざまな方法がありますが、これは医師に処方してもらえば自宅で自力で改善していくことができるので、とても魅力的な商品です。
本当に効果があるのかなと思われる方も多いと思います。プロペシア 効果は個人差がありますが、一般的に明らかに改善が見られるようになるには約1年程かかると言われています。
脱毛に悩む人にとっては一日も早く改善されてほしいと思う気持ちでいっぱいだと思いますが、プロペシアを服用したからといって、すぐに劇的な変化があるわけではないということです。

プロペシアは薄毛の原因物質DHTの生成を抑える効果はあるのですが、積極的に発毛を促してくれるわけではないのです。
臨床試験のデータでも明らかになっていますが、薄毛の進行を止める効果はほぼ100%で、守りに関してプロペシアは非常に優秀です。
しかし毛根に働きかけて毛が生えるようにしてくれる作用はないのです。

その為、より確実に薄毛を克服するには攻めの育毛剤が必要になってきます。
その役割にピッタリなのが、ミノキシジルです。ミノキシジルは毛母細胞に直接働きかけることで、細胞分裂を促し、発毛を促進させる効果があります。
プロペシアとミノキシジル。攻めの薬と守りの薬を併用していくことが、薄毛克服にとても威力を発揮します。
また、抜け毛の防止には早寝早起きがとても大切です。午後10時から午前2時は男性ホルモンの分泌が盛んになり、毛母細胞が活性化される時間帯であるため、出来るだけ早く寝て、頭皮環境を整えることも重要なのです。

ミノキシジルもAG治療に効果的

AGA治療には、ある程度時間が経った場合も効果的なミノキシジルがあります。このミノキシジルは髪を生やす効果もあり、また男性型脱毛症にも効果があります。ミノキシジルの他には薄毛の原因を取り除くフィナステリド・デュタステリドもあります。
効果的に薄毛治療に効果を得るためには、原因を確かめ、その人にあった治療を選択することが大切です。薄毛のタイプによって効果が違うため、まず原因を知ることが大切です。

頭頂部は、塗るタイプのミノキシジルだけでも良いですが、生え際の改善も併用するには、フィナステリドを兼用することで効果が出やすくなります。AGAは年齢とともに増加する傾向にあり、対策のためには、認可した医薬品が一番効果的です。
薄毛対策には、医療部外品でも効果が出る人もいますが、効果は穏やかなため、時間がかかりやすいです。

AGAには、髪が細くなってきた、額の生え際または頭頂部のどちらか、もしくは両方が薄い、産毛が生えてきた、薄毛がゆっくり進行してきたなどの特徴があり、AGAは男性ホルモンが酵素の影響により薄毛の原因となる物質に変化し、それが髪の成長を阻害してしまい、髪に栄養や血液を届かなくなってしまう原因となってしまいます。

薄毛治療の対策として、薬を入手するためには、皮膚科などで治療を受け、処方してもらう、AGA専門のクリニックで薬を処方してもらう、個人輸入で自己責任の上薬を購入するなどの方法があります。
個人輸入をした場合、費用は安くなりますが、偽物などもあるため、自己責任の上購入し、また、副作用がある可能性もあるため、何かあったら必ず病院で治療を受けることが大切です。
トラブルがあったとしても、個人の責任のため、トラブルを避けたい方は、クリニックや病院で薬を処方してもらうことが大切です。

薄毛は遺伝する?

男性にとって若くして薄毛に見舞われるのは精神的にもとても辛いものです。これらの薄毛をもたらす大きな要素として存在するのが男性型脱毛症、すなわちAGAという病気です。
早い人だと20代前半で症状が出始めるというこの病気は、精巣にて作り出されるテストステロンという男性ホルモンが身体を循環する中で頭皮にある5αリダクターゼという酵素と反応し、DHTという物質を生み出します。
このDHTを毛乳頭が感知すると、すぐさま頭髪の成長サイクルが異常をきたし、たとえ健康的な状態であったとしても既に成長を終えて抜け落ちるのみと判断してしまいます。
これによって毛細血管から栄養分を補給するのをやめて、栄養不足の状態を自ら作り出していくのです。

こういったAGAを引き起こす原因には様々な要素があると言われていますが、これまでのところはっきりとしているのが遺伝による発症の可能性についてです。よく親や親族がハゲていると子もハゲると言われますが、これはそのことを現れと言えるでしょう。遺伝子にはXとYという種類がありますが、まず男性の場合にはこの遺伝子がXYとなり、女性の場合にはXXとなります。男女が出逢って子供が生まれる際、父母が持つXとXが結合すると女の子が生まれ、父のYと母のXが結合するとXYとなって男の子が生まれます。

このとき、注目したいのが代々にわたって受け継がれるこのXという遺伝子情報に含まれる成分にDHTに反応する機能が搭載されている場合が多く、この条件が一致するとAGAを発症してしまうのです。この例でいうとAGAは隔世遺伝で母方の祖父の遺伝子が影響することが多く、もしもその祖父がハゲていると孫もハゲる可能性が高まります。

ちなみに前述の通りAGAは男性ホルモンが関わってDHTを生み出しますので男性に発症する率が高く、一方、母親が発症しないのは女性であるがゆえにDHTを生み出さないからなのです。